この商品のページを開く
  • 普通のホワイトボードやスクリーンを
    インタラクティブホワイトボード化します。
  • インストールとキャリブレーション(調整)が簡単です。5 分程度で完了します。
  • インタラクティブペンはマウスと同様に扱えます。離れた場所からパソコンを操作できます。
  • Windows&Mac 対応の描画/コメント用ソフト「IPEVO Annotator」が付属しています。
  • IPEVO 書画カメラと組み合わせて、斬新な学習環境を体験しましょう。
IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

書く、描く、インタラクティブそしてインスピレーション

ミーティングや教室でホワイトボードが扱いにくいと感じたことはありませんか?IS-01 は理想的な解決方法です。

ほぼ全ての一般的なプロジェクタースクリーンは IS-01 を使ってインタラクティブなタッチスクリーン化することが可能です。IS-01 をパソコン経由でプロジェクターと接続し、簡単なインストールとキャリブレーションを行うだけで準備完了です。教室や会議室において、インラクティブペンを用いてプロジェクター画面上に図形やコメントを書き加えることができるようになります。さらに投影されたパソコン画面上でほぼ全てのソフトウェアを操作することも可能です。プレゼンや授業の内容をよりわかりやすく聞き手に伝えましょう。

黒板上でチョークを用いるのと同様に簡単に扱える IS-01 は、プレゼンや教室において欠かせないツールです。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード
bg

IS-01 の動作原理

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボードシステムは、センサーカムとインタラクティブペンの 2 つのデバイスから構成されています。センサーカムはペンの位置を検出し、位置情報をパソコンに送ります。パソコンはペンの位置情報をカーソルの動きに変換します。これにより、マウスを使うのと同じ感覚で、ペンを使ってパソコンを操作することができます。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

現在使用中のホワイトボードをインタラクティブ化できます

IS-01 のセンサーはインタラクティブペンの位置を読み取るため、どんなプロジェクターとも組み合わせてご利用いただけます。IS-01 は 40 インチから 100 インチのスクリーンに対応しており、ホワイトボードや投影画面がこのサイズに収まる場合、IS-01 をプロジェクターと組み合わせるだけで、インタラクティブホワイトボード化することが可能です。

インストールや設定が簡単です

Annotator ソフトウェアのインストールし、センサーカムのパソコンへの接続、短時間で行えるキャリブレーションの簡単な 3 ステップを実行するだけで準備完了です。さらに小型軽量なので、持ち運びと準備が負担になりません。教室や会議室など様々な場所へ持ち運んでご利用ください。

step1
1.インストール
step2
2.センサーカム接続
step3
3.キャリブレーション
IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

学習効果を高めるために

インタラクティブペンをマウス代わりに
インタラクティブペンはマウスと同様に扱えます。タッチスクリーン化されたプロジェクター画面上で、標準のマウス操作と同じように行えます。

インタラクティブペンを用いての描画、書き込み
IS-01 を一般的なコメント用ソフトウェアと組み合わせて使用する場合、インタラクティブペンはホワイトボードマーカーと同様に扱うことができます。画面内に文字や図などを書き込むことで、聞き手がより理解しやすい形で伝えることができます。

また、マウス動作に対応したソフトウェアであれば、IS-01 で操作することができます。なお、付属の描画、注釈用ソフトウェア IPEVO Annotator は Windows と Mac、どちらにも対応しています。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

IPEVO Annotator を用いて学習体験をより豊かに

IS-01 付属のIPEVO Annotator ソフトウェアは他のアプリケーションと組み合わせて使用することが可能です。Annotator の描画ツールを用いて画面上に絵を描き、文字やコメントを追加できます。あるいは、空白のホワイトボード画面を表示させ、一般的なホワイトボードと同じように使用することも可能です。

IPEVO Annotator Software
IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

書画カメラのライブ映像と組み合わせ、学習効果を高めましょう

教育現場にて好評の IPEVO P2V や Ziggi-HD などの USB 書画カメラの画像に、IS-01 を利用して、コメントなど追記することも可能です。ドキュメント、教科書、美術品、立体オブジェクト、手書きノート、数学の公式集など、どんな教材でも、書画カメラと IS-01 を組み合わせることで相乗効果を産み、学習体験をさらに豊かにします。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

IS-01 は魅力的ですが、現在使用中の教室/会議室で使えますか?

IS-01 のセンサーカムは以下の 3 種類の設置方法に対応しています。最適な方法を選んでください:

机の上に配置

平坦で、障害物のない机の上にセンサーカムを置きます。センサーカムの角度を調整し、画面に向向けてください。センサーと画面の間を障害物で遮らないようにしてください。

天井やプロジェクターに取付け

IS-01 を上下反転させ、天井やプロジェクターに付属の金具を使用して取り付けます。

三脚の上に配置

センサーカムには三脚用の穴が空けられています。標準的な三脚であれば、センサーカムを固定して使用することができます。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

IS-01 は魅力的ですが、現在使用中の教室/会議室で使えますか?

下記のように、スクリーンとセンサーカムの間には十分な距離を確保する必要があります。出来る限り最適な位置にセンサーカムを設置し、角度を調整してください。

ほとんどのプロジェクターの場合、センサーを配置する最適な場所はプロジェクター本体の位置です。センサーを配置するのに最適な角度は、プロジェクター画面に対して直角です。ただし、完全に直角でなくても、視界が確保される範囲であれば、左右に配置してもご利用いただけます。右図を参考にしてください。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード

IS-01 使用上のヒント

インタラクティブペンを用いて、OSやアプリケーションを操作できます。インタラクティブペンは以下のマウス操作を行えます:

  • 左クリック:ペン先ボタンで直接画面に 触れてください。もしくは IPEVO ボタンをクリックしてください。
  • ダブルクリック:ペン先ボタンで 素早く2回画面に触れてください。もしくは IPEVO ボタンを 2 回クリックしてください。
  • 右クリック:ペン先ボタンで画面に触れたままにするか、IPEVO ボタンを長押してください。2 秒以上、触れた/押したままにしてください。
  • ドラッグ:ペン先ボタンで画面に触れたままにするか、IPEVOボタンを押したままにして、スタイラスペンをご希望の位置へドラッグします。

センサーカムと画面の間を障害物で遮らないようにしてください。

精度に影響する他の要素
・センサー付近に強い光や赤外線を発する物がある場合、カーソルが不規則な挙動を示すことがあります。
・ペンが触れた際などにスクリーンが少し動いた場合、センサー検出するペンの位置がズレる可能性があるため、布などを吊り下げるタイプのスクリーンは推奨していません。これらスクリーンが固定できる場合は、IPEVO ボタンを使うことで正常に動作することもあります。

IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード
  • 製品仕様

  • センサーカム
    • 画面サイズ:40 インチ 〜 100 インチ(対角線長:約 101.6cm〜254cm)
    • 動作距離:約112cm 〜 400cm(プロジェクター画面の大きさによる)
    • 接続インターフェース:micro USB
    • micro USB ケーブル長:200cm
    • サイズ:4.8×4.0×7.6cm
    • 重量:約 72.5g
  • インタラクティブペン
    • 電池タイプ:単四乾電池 x2
    • ペン長さ: 20cm/直径 1.6cm
    • ペン重量: 約 24g
  • 動作環境

  • PC
    • Microsoft Windows 8、7、Vista、XP
    • 2.0 GHz 以上デュアルコアプロセッサ(2.4 GHz 以上推奨)
    • 1 GB 以上メモリ(2GB 以上推奨)
  • Mac
    • Mac OS X 10.6 以上
    • Intel Core 2 Duo プロセッサ以上
IS-01 インタラクティブ・ホワイトボード
  • パッケージ内容

  • IS-01 センサーカム
  • IS-01 インタラクティブペン
  • 天井取付け用金具
  • USB ケーブル (2m)
  • 単四乾電池 x2
  • インタラクティブペンチップ(予備)
  • マニュアル

パッケージ内容写真 大きな画像を見る